水成二酸化塩素と二酸化塩素との違い

水成二酸化塩素は、1971年にBob C. Danner が生成方法技術を生み出し、Bio Cide International(アメリカ)を設立し40年もの間バクテリア、カビ類、ウィルスと様々に発生するものに対して99.999%効果が出る方法を研究・商品化した商品です。

これは、他の二酸化塩素と言われているものを比較しても10倍の濃度レベルでないと同じ効果を得られないとオクラホマ大学で実証されています。名称は似ていますが、「水成二酸化塩素」と「二酸化塩素」は異なるもので、安全性や除菌・消臭、カビ類に対する効果も違いますので、選定においては注意が必要です。

欧米での水成二酸化塩素の効果・安全性への絶大な評価

日本では、除菌や消臭に、まだ次亜塩素酸ナトリウム や 亜塩素酸ナトリウム をお使いの現場も多いようです。世界的な評価としては、 次亜塩素酸ナトリウム や 亜塩素酸ナトリウムは共に殺菌力が弱く、また発ガン性の恐れなどのため特に飲料水あるいは食品に直接関わる範疇での使用は極力減らされてきております。

その中で、Bio Cide International社の水成二酸化塩素製品は、グラム陽性菌、陰性菌、酵母菌、芽胞菌あるいはウイルスなどにも全てにおいて制菌力を発揮し、且つ、耐性菌ができないことが殊に医療関係で高く評価されています。生活レベルでは、なかなか一般的にあまり知られていないことですが、このような質の高さを常に求めて、欧米での水成二酸化塩素の評価が絶大であることが分かります。

点眼液にも使用されている水成二酸化塩素の安全性

水成二酸化塩素は、日本国内でも唯一医薬品などで認可を受けている製品です。観賞魚の魚病薬、動物用医薬部外品、口腔化粧品、点眼液など身の回りで手にしている物で使用されています。点眼液は人間の目に直接触れるのですから、水成二酸化塩素の安全性・質の高さがお分かりでしょう。

BONDSの水成二酸化塩素水(ブロッケンウォーター)は、空間噴霧するためにより空間での消臭・除菌効果を上げるためにテクニカルサポートを受けて商品化した商品です。是非、お試しください。

消臭・除菌剤で使用されています「二酸化塩素製剤」「次亜塩素酸ナトリウム」について以下にまとめました。除菌・消臭効果、そして安全性、全てを満たすのはどれか、お分かりいただけることでしょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フローリングが長持ち&掃除の手間が省ける!

  2. 水回りのハウスクリーニング

  3. 二酸化塩素と次亜塩酸ナトリウムの違い

  4. 草加市のハウスクリーニング

  5. 奥様に日頃の感謝を込めてハウスクリーニングをプレゼント

  6. お掃除についての豆知識洗剤編(中性洗剤)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。